保湿

「保湿成分」と聞くと、多くの人が化粧品に配合されているもので肌の上から塗るものと思っているのではないでしょうか。
でもじつは、人間の肌にはもともとうるおいを守る保湿物質があるのです。

なかでも有力なのが角質細胞間脂質と呼ばれるもの。
これは角質細胞のあいだにあって、水分の蒸発を防いでいる脂質の一種です。

いろいろな脂質がまざり合って構成されていますが、その約40%を占めるのがセラミドで、最強の保湿物質といわれます。
これらの脂質(保湿物質)の量が減ったりして正常に働かなくなると、肌内の水分を抱えていられなくなり乾燥してしまうのです。

肌の中にある保湿物質の生産量は年々、老化とともに減るため、肌は乾燥しやすくなるのです。
また、角層の水分量が減り乾燥状態が続くと、肌は硬くゴワゴワしてきます。

これは、角層が、厚くなっていくため。角層には本来、外の刺激から肌を守る働きがあります。
乾燥とは、角屑のバリア機能が損なわれている状態なので、肌は「角層をもっとつくろう」と、細胞の生産を速めるのです。

すると、その生産ピッチに追いつけない、未熟な細胞が衣面に出てきてしまうことに。
これではきちんとしたバリアの役目を果たさないので、角層は、さらにどんどん厚くなろうとし始めます。

こうなるともう悪循環で、凸凹した変に厚みのある角層ができkがってしまうのです。
この悪循環にはまらないために行うべきケアは、保湿です。


美皇潤 トライアルセット