うるおい保湿のポイント 乾燥肌

肌には、外の世界から内部を守るバリアのような「角層」がありますが、この角層に含まれる水分は、健康な肌の場合、約20〜30%あります。
乾燥肌になると、この水分が20%以下の状態になります。

「肌がつっぱっている」と感じるのはなぜ?

それは肌に十分な潤いがない時に、角層がはやく細胞をつくって層を厚くし、カバーしようとがんばっている状態なのです。
「つっぱっている」と感じたら、水分が10%以下になっている可能性が。

たっぷり化粧水 + 保湿成分を

そもそも肌は排出の器官。
汗とともに老廃物を外に出すためにある部位です。
そこから化粧品でしっかりケア!と思っても、なかなか深部まで潤い成分が入っていくことはありません。

だからこそ、保湿ケアの本質は「内側から潤す」。
内部の水分を逃がさない成分=セラミドやヒアルロン酸などをとりいれることで、さらに肌が喜びます。

忙しい朝でも保湿ケアはしっかり

時間のない朝は、お手入れをササッとすましてしまうことはありませんか。
乳液やクリームも、マッサージしながらきちんと肌になじませてから、ファンデーションを塗れば、化粧くずれや肌の乾燥がしにくくなります。

食事でビタミンや鉄を補給

肌の乾燥が気になるときには、積極的にビタミンの摂取を。
とくに潤いをもたらすビタミンAは必須。レバーや緑黄色野菜で補えます。
また血行を促すのが鉄。ひじきなどの海藻などを食べるのもよいでしょう。


美皇潤 トライアルセット