どんな洗顔料を選んだらいいの?

最近では、肌にうるおいを残す洗顔料や美白の洗顔など、汚れを落とす以外の目的もプラスアルファされたものが多く出回っています。
ですが、洗顔料は洗い流してしまうものなので、保湿や美白などの成分が配合されていたとしても、全部すすぎの時に流れてしまいます。

ですから、洗顔料を選ぶときは、あくまでも汚れをしっかり落としてくれるものを選びましょう。
いちばんのお勧めは、シンプルな固形石鹸。

なぜかというと、しっかり汚れが落ちて、肌に余計なものが残らないからです。
この余分なものとは、うるおい成分でできる膜のようなもののこと。

たとえば、しっとり洗顔料には、油分が含まれていてそれが肌に残るので、洗顔後の肌がしっとりとした感触になります。
ところがそれでは肌に膜を張ったような状態になり、後から使う化粧品の浸透を妨げることにもなりかねません。

シンプルな固形石鹸は、このような余分な油分を含まないのでお勧めなのです。
洗顔料は成分表示からは選びにくいのですが、形状からある程度の判断はできます。

どろ豆乳石鹸 どろあわわ