固形石けん

シンプルな固形石けんなら、余分な脂をあまり含まないものが多い。
オイリー肌の人なら、浴用石けんを使ってもいいでしょう。

洗顔フォーム(クリーム・リキッド)

肌への負担は、強いものから弱いものまでさまざま。
しっとりタイプの多くは30〜40%の油分を含み、肌に油膜を残すしくみ。

パウダータイプ

洗顔フォームと同様に、洗浄力が強いものから弱いものまでさまざま。

泡タイプ

手早くさっと洗顔できるのが便利な半面、強い界面活性剤を配合しているものもあり、選び方は難しい。
泡の固いものは、発泡剤が多く含まれる傾向にある。

泡立たないタイプ

超しっとりタイプ。
洗浄力が弱く汚れが充分に落ちないので、水でもしみるほど肌荒れがひどい人以外にはおすすめできない。

どろ豆乳石鹸 どろあわわ