活性酸素を水にすることができる水素水

人間は呼吸により酸素を取り込み、その酸素をエネルギーとして体内で使っています。
そして体内に入ってきた酸素の一部は、活性酸素となります。

活性酸素には細胞を劣化させる作用があり、これにより体内に入ってきたウイルスなどの影響が防がれます。
しかし活性酸素は、多すぎると正常な細胞をも劣化させてしまいます。

それにより健康面や美容面でのトラブルが生じやすくなるため、そのため昨今では、増えすぎた活性酸素を減らすために、水素水がよく飲まれるようになっています。
水素水には水素分子が多く含まれていますし、水素分子には酸素と結合して水になる性質があるのです。

活性酸素もやはり水素分子によって水になるので、そのため水素水を飲めば活性酸素の悪影響から体を守ることが可能になるのです。
具体的には、1日に1.5リットルほど水素水を飲むことが効果的とされています。

また、活性酸素は呼吸をより多くおこなう運動後に、体内で増えやすくなります。
さらに、紫外線を浴びることでも活性化しやすくなります。

したがって多くの人が、屋外での運動やレジャーなどの際に、水分補給として水素水を飲んでいます。
水素水は、ドラッグストアではもちろん、昨今ではコンビニエンスストアでも手軽に入手できるようになっています。