活性酸素を防ぐために飲まれているのが水素水

環境汚染によるオゾン層の破壊が進んでいる昨今では、紫外線量が増えてきたことから、活性酸素による悪影響を受ける人が多くなっています。
活性酸素とは電子が欠けた酸素のことで、これには欠けた電子を他の物質から奪い取るという性質があります。

そのため体内に活性酸素があると、細胞はどんどん電子を奪われて、これにより体は弱っていきます。
たとえば肌にシミができやすくなったり、髪が抜けやすくなったり、ガン細胞が作られやすくなったりするのです。

こういった活性酸素の悪影響を防ぐために飲まれているのが、水素水です。
水素水は、活性酸素を有害なものから無害な水に変化させることで、体を守ってくれるのです。

また、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEなどを摂取することも、有効とされています。
これらには、活性酸素に自らの電子を分け与える性質があります。

これらが活性酸素に電子を与えれば、その分体が電子を奪われずに済むようになるわけです。
しかし水素分子は非常に小さく、ビタミンCやビタミンEが入り込むことのできない体の細部にまで浸透していきます。

そのため水素分子がたっぷりと溶け込んだ水素水は、より効率良く体を守ることができる飲み物として、注目を集めています。