水素水とは、文字通り水素が溶け込んだ水のことです。
ここでは、水素水の効果について、ご紹介します。

水素水には、活性酸素を取り除くという働きがあります。
そもそも活性酸素には、善玉と悪玉の2種類が存在し、悪玉の活性酸素が体内に溜まってしまうと、細胞を酸化(サビ)させたり、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけたり、さまざまな病気の原因となってしまいます。

水素水を飲むと、体内で活性酸素と結合して、悪玉活性酸素を中和させる効果があります。
悪玉活性酸素は、善玉と比べて、酸化力が100倍以上と非常に強力です。

そして、細胞を無差別に攻撃してしまうので、前述しましたように、さまざまな病気や老化の原因となってしまうというわけです。
さらに増えすぎた活性酸素は、ビタミンCも破壊してしまいますので、シミやくすみの原因にもなってしまいます。

ビタミンCを摂ることでも、活性酸素を取り除くことはできるのですが、水素水は分子が小さいため、ビタミンCでは侵入することができない、脳や卵子にまで入っていくことができます。
さらに、水素水を摂ることで、運動をしても乳酸が溜まらないという効果があります。

つまり、筋肉疲労が残らないということです。
運動をしない方でも、疲れが溜まりやすいという方にも、水素水は適しているというわけです。