悪玉菌の働き

善玉菌 悪玉菌

腸の運動が停滞してウンチが腸内に長くとどまると、悪玉菌の働きで腐敗が進み、悪臭を放つようになります。
ウンチの臭いには、窒素や酸素の無臭なものと、アンモニア硫化水素などの悪臭なものがあります。

腐敗物質からは、アンモニアや硫化水素などの悪臭の原因となるものが発生し、その腐敗物質の中には病気の原因になるような有害なものも含まれています。

腸内細菌のバランスが良く善玉菌が優勢な場合、腸の運動が活発なため腐敗がそれほど進まず、善玉菌の生み出す有機酸によって、悪臭ではなく発酵したような臭いになります。
赤ちゃんには離乳食の頃まで腸内環境が善玉菌優勢のため、ウンチは臭くありませんので、そのような臭いになると、理想的な腸内環境といえます。

肉類は、完全に消化されるまでに時間がかかるので、大腸内で腐敗便となって悪玉菌のエサになりやすいといわれています。
健康な人でも、悪玉菌は加齢に伴って増加してしまいますので、食生活を見直しながらウンチのチェックをしましょう。

するっと小町