便秘によって、滞るのは便だけではありません。
発がん物質などの毒素も、腸内に長く滞留してしまいます。

便秘は大腸ポリープや大腸ガンの発生のもとになるといわれています。
腸のぜん動運動がスムーズに行われず、便が長い間腸内に滞ると、悪玉菌が増殖し、発ガン物質や活性酸素などの有害物質を発生させます。

これらの有害物質が腸の粘膜を刺激し続け、そこが破壊されることで大腸ポリープや大腸ガンが発生する原因となります。

大腸ガンが発生しやすい人の体質の人は、乳がんも発生しやすいとされていますの、要注意。

腸内環境を悪くする過激な動物たんぱく脂肪食を改善し、腸の働きを整えるために必要な植物繊維、乳製品、オリゴ糖が不足しないように心がけましょう。

善玉菌のチカラ