便秘で血液が汚れると様々な病気が…

便秘で血液が汚れると様々な病気が…

便秘で血液が汚れる理由として、お腹に便が長時間溜まっていると、腸内が汚れて悪玉菌が出す有害物質によって血液も汚れます。
その主な原因ですが、便秘で血液が汚れてしまうとめまい・貧血・肌荒れ・疲労感・むくみ・肩こりと、全身にトラブルが発生します。

便は本来なら、一刻も早く体外に排せつされるべき老廃物なんです。
便秘をすると、この老廃物が長時間お腹の中に滞って腐敗し、便の滞っているあたりで悪玉菌がどんどん増殖します。

この悪玉菌が、有害物質を発生させます。
有害物質は、腸壁を通って血管内へと侵入し、血液と一緒に全身の細胞へ向かって流れ出します。

汚れた血液は、細胞で行われるさまざまな代謝を妨げ、体調不良や肌荒れ、さまざまな病気の引き金となります。
美と健康を守る秘訣として、「キレイな血液」を全身に行き渡らせることが重要といえます。

血液を汚す便は、健康の大敵で、便をスムーズに排出することはとても重要なことなんです。

花菜の選べる乳酸菌