女性は、妊娠を機に起こる、さまざまな体の変化が起きてきます。
なかでも悩ましいのが便秘の問題です。

それまで毎日快便だった人でも、妊娠すると何故かスッキリできなくなる。
その理由は、いったい何なんでしょう?
 

妊婦には便秘はつきものです

ホルモンの変化

妊娠中は黄体ホルモンの分泌が盛んになります。
黄体ホルモンは、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するため、その影響を受け腸の動きが鈍くなってしまうのです。

腸が圧迫される

子宮が大きくなると腸が圧迫されます。
便の通り道が狭くなれば、必然的に便が出にくくなってしまいます。

運動不足が原因の場合も

お腹が大きくなるにつれ、動くのが大変になりますが、安静にしなくてはならない時もありますが、運動不足が便秘につながる場合もあります。

便秘薬はNG

習慣的に便秘薬を飲んでいた人も、妊娠を機に便秘薬を手放すケースがほとんどですが、便秘薬になれた腸は、なかなか自力では出ません。

妊婦さんが快便だとこんな良いことが

妊娠中にお腹がスッキリしていれば、赤ちゃんの居心地も良いです。
出産時は、お腹に便が溜まっていると苦しいので、安産のためにもスルリと出せるお腹を目指すことが重要!

善玉菌のチカラ