ビフィズス菌を摂るのは難しい!

ヨーグルト

ビフィズス菌を摂るために、ヨーグルトや乳酸菌を利用する人がいます。
しかし、すべてにビフィズス菌が入っているわけではありません。
ビフィズス菌は酸素やさんに弱いという性質があり、全てのビフィズス菌がヨーグルトの中で増殖できるわけではありません。

また、たとえビフィズス菌が入っていたとしても、胃酸によって死んでしまうこともあるため、生きているビフィズス菌を腸に届けるのは至難の業です。
もちろん、普通のヨーグルトでも整腸作用は認められますが、生きているビフィズス菌の効果を存分に生かすためには、素材としてビフィズス菌を摂取することがオススメです。

腸の健康のために必要不可欠なのがビフィズス菌

私たちの腸には、約1,000種類、1,000兆個もの細菌がすみついていて、大きくは善玉菌と悪玉菌にに分類されています。
その善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしていて、シーソーのようなバランス関係になっています。

つまり、ビフィズス菌を中心とした善玉菌の数が減ると、悪玉菌が優性になり腸は汚れてきます。
そのようなとき、腸の中をファイバースコープでのぞいてみると、壁面がただれ充血し、汚れた状態になります。
また、腸が汚れるとオナラや便が臭くなったり、肌荒れが治らない・肩こりがひどくなるなど、さまざまな不調をおこす原因となります。

善玉菌のチカラ