本当はもっと多かった腸内細菌

本当はもっと多かった腸内細菌

お腹の中には100種類、1000兆個の腸内細菌がいるといわれていました。
しかし最近になって、1000〜1150種類、60兆個(体の全細胞数)×150倍もの腸内細菌が、棲息しているというデーターが発表されたのです。

これらの腸内細菌たちは、体に良い影響をもたらす「善玉菌」と有害物質を発生させて病気の原因となる「悪玉菌」、時と場合によりどちらにも傾く「日和見菌」で構成されています。

複数のオリゴ糖を摂ると良い?

善玉菌の代表格がビフィズス菌ですが、ひとくちにビフィズス菌といっても、ヒト腸管では10種類以上あります。
ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物ですが、人間と同じで、それぞれに選り好みがあります。

食べたいオリゴ糖もあり、食べたくないオリゴ糖もあるんです。
お腹の中にいる多くのビフィズス菌に、なるべく、まんべんなく食べてもらうために、複数のオリゴ糖を同時に摂取しようという発想です。

一種類のオリゴ糖だと限られたビフィズス菌しか食べられないので、複数混ぜて摂取するのは、素晴らしいアイディアだと思います。

するっと小町