ビフィズス菌

ビフィズス菌には免疫力を向上させる働きもある

ビフィズス菌には整腸作用があるので、腸内でビフィズス菌が増えると腸内環境は改善されます。
オリゴ糖は大腸まで届くとビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増やすので、間接的に腸内環境を改善する効果があります。

オリゴ糖には胃や十二指腸などでは消化吸収されにくいという特徴があります。
そのため、大腸まで成分がそのまま到達するので、摂取量が少量でも確かな効果が期待できます。

ビフィズス菌には免疫力を向上させる働きもあるので、オリゴ糖を摂取することで免疫力を向上させる効果も期待できます。
また、ビフィズス菌が増えると腸内の細菌バランスが良くなるので便秘を改善する効果も期待できます。

妊婦やデリケートな体質の人は便秘薬が使えない場合がありますが、そんな人でもオリゴ糖なら安心して摂取することができます。
また、腸内環境が乱れると動脈硬化などの生活習慣病につながるとされているので、オリゴ糖を継続的に摂取して腸内環境を改善することで生活習慣病を予防する効果が期待できます。

オリゴ糖は虫歯の原因菌であるミュータント菌のえさになりにくいので、ショ糖とは違って虫歯になりにくいという特徴があります。
また、オリゴ糖のカロリーはブドウ糖の約半分しかないのでダイエットにも効果的です。

オリゴ糖を摂取するには食品からだけでなく、サプリメントも利用するとより効果的です。
サプリメントなら簡単に継続的に摂取することができます。

ただし、特に重篤な副作用はないものの、摂り過ぎるとまれにお腹がゆるくなることがあるので摂り過ぎには注意が必要です。

するっと小町