乳酸菌は腸内の有用菌を増やす働きがあります。

乳酸菌は腸内の有用菌を増やす働きがあります。

お腹に良いことで知られている乳酸菌ですが、そもそも、オリゴ糖といった糖によって酸を作り出す細菌の総称のことなのです。
人間の体内に住んでいるビフィズス菌も、乳酸菌の一種なのです。

乳酸菌には、腸内の有用菌を増やすという働きがあります。
ビフィズス菌を増やし、さらには乳酸、酢酸を生成して腸内の有害菌の増殖を抑えるのです。

乳酸菌は、食品によって簡単に摂取することができます。
ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、バターといった牛乳を主成分として発酵させた物が有名です。

このように発酵させた食品は発酵乳と言い、ビタミンB群を腸内で生成したり、カルシウムの働きを助けたりもしてくれます。
発酵乳以外に、漬物、味噌、醤油といった日本の食品にも乳酸菌が含まれています。

このように乳酸発酵された食べ物は、保存性に優れている上に体が消化吸収しやすくなります。
しかし、乳酸菌を食品から摂取しても、腸内では1週間ほどしか生きることができません。

できるだけ毎日のように摂取することで、腸内に常に乳酸菌を存在させることができるのです。
日本人はカルシウムが不足しがちだと言われていますから、ヨーグルトやチーズを積極的に食べるといいですね。

また、味噌や醤油は毎日の食事にも利用しやすいですから、工夫してうまく料理に取り入れましょう。
ちなみに、オリゴ糖や食物繊維といった成分は腸内の善玉菌のエサになりますので、一緒に摂取するとより良いですよ。

花菜の選べる乳酸菌