乳酸菌ってなに?

乳酸菌

私たちの暮らしに欠かせない存在となった乳酸菌の発酵食材。
ヨーグルト、チーズ、漬け物、味噌、醤油などとても身近な発酵食品のほとんどが乳酸菌によって作られています。

乳酸菌は、栄養の消化吸収の場だけではなく、最大の免疫器官といわれる腸の働きにも大きく関わっています。

長寿の鍵といわれる乳酸菌は、いったいどのような力を秘めているのでしょう。
その秘密に迫ります。

腸の健康に欠かせない乳酸菌=善玉菌の働き

人の大腸には約100億種類、100兆個以上の腸内細菌が棲息しているといわれています。
数多くの腸内細菌の中でも健康や老化と深く関わり、長寿の鍵といわれているのが乳酸菌=善玉菌なのです。

善玉菌は人体に有用な働きをする菌を総称した呼び方で、主にビフィズス菌や乳酸菌、腸球菌などの乳酸菌群をさします。

乳酸菌は、糖をエサにして増殖し「乳酸」という酸を作ります。
この乳酸がお腹を弱酸性に保ってくれることで、悪玉菌の増殖を制御し腸の働きを活発にして通便作用を高めてくれるのです。

小腸は、大腸と違い乳酸菌はそれほど多く存在しません。
しかし、小腸に入ってきた乳酸菌が小腸の下にある免疫細胞を刺激することで、免疫の調整力が向上。
アレルギーの制御など貢献します。

花菜の選べる乳酸菌