毎日乳酸菌を摂る必要があります

人間の腸管の中には天文学的な腸内細菌が棲んでいます。
また、腸内細菌には数百種類あって、腸内細菌が作り出す腸内フローラは、私たちの健康に様々な影響をもたらしているのです。

腸内フローラを形成する腸内細菌を、善玉菌と悪玉菌に分けて考えることができます。
そして、善玉菌の代表として乳酸菌があります。

乳酸菌とは、乳酸発酵を行う細菌のことで、その主な種類に、ビフィズス菌やラクトバシラス菌、エンテロコッカス菌等があります。
その一方で、悪玉菌の代表的な細菌には大腸菌やウェルシュ菌等があります。

善玉菌と悪玉菌は、常に腸管内でテリトリーを取り合っているのですが、健康のためには善玉菌が優勢な状態にしてやる必要があるのです。
そして、そのためには毎日乳酸菌を摂る必要があります。

なぜならば、乳酸菌は長期間腸管内に留まっていることができないため、体外から補ってやる必要があるのです。
腸内フローラが善玉菌優位になると、次のようなメリットが生まれます。

まず初めに便通が良くなります。
また、便通が良くなることも関係しているのですが、肥りにくい体質に変化するのです。

さらに、腸管の粘膜内にはたくさんの免疫細胞が集まっていて、善玉菌はこの免疫細胞の働きを正常な状態に戻してくれるのです。
ですから、アレルギー体質の改善にもつながりますし、病気に対する抵抗力も増強されるのです。

そこで大切なことは、生きている状態で乳酸菌を腸管内に送り届ける必要があるということです。
ですから、胃酸に負けない乳酸菌が入った健康食品を選ぶ必要があります。

善玉菌のチカラ