なぜ私たちは便秘になるの?

なぜ私たちは便秘になるの?

便を溜めれば溜めるほど、体も気分も重くなります。
便を溜め込んでも何もいいことはありません。

けれど、便を溜めている人のなんと多いことか!
たかが便秘とあきらめないで。
便秘が治れば、人生はもっとカイテキになります。

どれぐらい便が出ないと便秘?

健康な人なら、1日に最低でも1回は便通があるのが普通で、毎朝ウンチが出るのは健全な証拠です。

しかし、2〜3日出なくても当たり前だったり、中には1週間出なくても普通に過ごしている人もいます。
ある調査によると、小学生の4割が毎日排便なしという実態が明らかに。

便が出ていても便秘な人もいる

毎日便が出ていても安心はできません。
残便感があったり、便やおならのニオイが臭いが気になる場合は、隠れ便秘の可能性があります。

隠れ便秘とは、便をスッキリ出し切ることができない状態で、腸の中に頑固な便を溜め込んでしまっているかもしれません。
以下の項目に心当たりがある場合は、自分のお腹と今一度向き合うことが必要かもしれません。

  • 排便後も腹部が張っている
  • 便の量が少ない
  • 水分の少ないコロコロした固い便が出る
  • 水分が多すぎるべたべたした切れの悪い便が出る
  • 排便に苦痛がともなう
  • 便が強烈に臭う

また、子どもやお年寄り、妊娠中の女性は腸の機能が弱いため、特に便秘になりやすいといえます。
ストレスや冷えなどの生活習慣でも、私たちは簡単に便秘状態に陥ります。

オリゴ糖効果で便秘改善

オリゴ糖といえば、お腹の健康を整える健康食品の定番で、いまやオリゴ糖がお腹によいことは誰もが知っている健康の常識となっています。

オリゴ糖を効果的に摂取することにより便秘は改善します。
善玉菌を増やす仕組みは、オリゴ糖は、口から入って、胃・小腸で消化されずに大腸までにたどり着き、腸内細菌に食べられます。

オリゴ糖を食べた善玉菌は、乳酸菌や酢酸などの酸をだし、酸に弱いほとんどの悪玉菌を退治してくれます。
オリゴ糖を摂取する事により、悪玉菌の勢力が弱くなっていき、善玉菌は元気になり腸内環境がぐんぐん良くなっていきます。

オリゴ糖が便秘を治すメカニズムとは?

大腸で善玉菌がオリゴ糖を食べ、たくさんの酸(乳酸・酢酸)を出します。
酸はもともと腸管の中に存在しなかったものですから、体は「異物」と認識し、早く体外へ出そうとします。

酸が、腸壁を刺激し、ぜん動運動がさかんになり、刺激物である酸を希釈するため、水分が腸管に呼び込まれ水分の含有量が増えます。
善玉菌が出した酸によって、排便に都合の良い条件が全てそろってくるという仕組みになり、腸内環境が改善されていきます。

オリゴ糖とは

オリゴ糖とは何? 言葉は知っていても、実際にはあまりよく知らない人がほとんどだと思います。

オリゴ糖は、単糖類が2〜10糖結合したものです。
2糖である砂糖もオリゴ糖の仲間ですが、一般的には3糖以上のものをオリゴ糖とと呼ぶことが多いようです。

オリゴ糖は、単糖である果糖やブドウ糖よりも消化されにくく、大腸まで届いて腸内細菌のエサになります。

特に善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので、便秘の改善に役立つ優れた糖というわけです。

オリゴ糖を効果的に摂取すると便秘は治ります。
まだまだ知られていないオリゴ糖のパワーを実感してください。

カイテキオリゴ