便秘を治すオリゴ糖の働き

便秘を治すオリゴ糖の働き

オリゴ糖の働きは、意外と知られていませんが、とても分かりやすいメカニズムといえます。
大腸で善玉菌がオリゴ糖を食べて、たくさんの酸を出します。

乳酸や酢酸、ギ酸などの酸です。
これらの酸をほかの日和見菌などが食べると、酪酸もつくられます。

酸はもともと腸管の中に存在しなかったものですから、当然「異物」として認識され、体は、早く体外へ出そうとします。

酸が腸壁を刺激し、ぜん動運動がさかんになります。
さらに、刺激物である酸を希釈するために、水が腸管に呼び込まれて、水の含量が増えてくるのです。

善玉菌が出した酸によって、排便に都合のいい条件がすべて揃ってくる、というわけです。
総動員で腸内のものを早くだそうとする。

そういった体の自然の反応をうまく利用して、排便を促すことができるのがオリゴ糖の素晴らしい点といえるでしょう。


はぐくみオリゴ