青汁の特徴

青汁の良さは、何と言ってもその便利さと効率的に栄養素を豊富に摂取できることです。
生の野菜は調理の過程において加熱することでミネラルやビタミンなどの大切な栄養素の効能が落ちてしまうのですが、青汁は生の状態の栄養素でそのまま摂取できるというスグレモノなのです。

また青汁には緑色野菜に多く含まれる『クロロフィル』といった「抗酸化物質」が元となっているため、アレルギーや慢性病などの炎症を完全したり予防するとてもいい成分も含まれています。
さらに、成人の大人が一日に必要な野菜の摂取量350gを生野菜で摂ろうと思うとかなりの量が必要ですが、青汁であれば簡単にその目標値をクリアすることもできます。

つまり、食物繊維を効率的に摂取することが可能なのです。
青汁は粉末タイプだけでなく粒タイプのものもあるので、自宅だけでなく、オフィスや旅行先などでも水さえあれば、手を汚さずに気軽に簡単に摂取でき習慣づけることができるというところが、忙しい現代人にとって愛されている理由です。

青汁の種類の中でも一番多いものが、『粉末タイプ』です。
パウダー状でそのまま飲むだけでなく、料理やお菓子に混ぜてバリエーション豊かに青汁レシピを楽しむのもいいでしょう。

青汁の苦みや匂いが苦手な人は、『粒タイプ』があります。
他のタイプに比べて製法に手間がかかっている分、コスト的にやや高めというデメリットはありますが、健康重視で時間に余裕のないライフスタイルの人には人気のようです。

ステラの贅沢青汁