ケールを原料にした青汁の効果!

ケールの青汁効果
ケールの青汁といえば、「まず〜い、もう一杯!」のCMでおなじみですが、欧米では普通に食べられ、炒めものやサラダにすると美味しい野菜です。
それが青汁の代名詞のようになっているのは、そもそも青汁のために日本にやって来たからなんです。

ケールが日本で本格的に栽培され始めたのは、昭和20年代で、当時青汁の普及に努めていた故遠藤仁郎博士が、青汁に最適な野菜を求めてたどりついたのがケールでした。
食生活で不足しがちなビタミン・ミネラル・植物繊維がバランス良く含まれていること。

また、含有量も、ほかの野菜より何倍も優れていたためです。
さらに食の欧米化でカロリーばかりが増え、栄養の偏りが目立つ現代の食卓を正すためにピッタリの野菜がケールなんです。
ケールを原料にした青汁の効果を実感している方も多いようです。

ステラの贅沢青汁