雪待にんにく卵黄の特徴

雪待にんにく卵黄の特徴

まず、この雪待にんにく卵黄を商品化したやずやについて、紹介します。
やずやは、豊かに生きるための食べるを考える会社です。

人は、食との付き合いに試行錯誤を重ねてきました。
やずやは、その中で現代の食生活で足りないものを取りやすい形にして提供し続けています。

次に、雪待にんにく卵黄の原材料について説明します。

1.食用こめ油(内容物)

食用こめ油とは、玄米を精米したときにとれる米ぬかを原料とした油です。
古くから健康に良い油として親しまれています。

2.サフラー油(内容物)

サフラー油とは、ベニバナ油のことです。
ベニバナ油は、オレイン酸を多く含みます。
オレイン酸は加熱しても酸化しにくいという性質をもっています。

3.ゼラチン(被包材)

豚の皮を原料としています。
溶かしたコラーゲンを濾過して固めたものが、ザラチンと呼ばれます。

4.グリセリン(被包材)

グリセリンは動植物の油脂と水を原料にしています。
グリセリンは私達の身体にも存在する物質なので安心です。
ソフトカプセルの弾力を調整するために使用しています。

次に、商品名について説明します。なぜ、雪待とゆうのでしょうか?
雪待には2つの意味があります。
一つ目は、にんにくの芽が雪の下で守られているおかげで寒さにも耐え冬をこすことができるから、「雪が降るのを待つ」とゆう意味。

もう一つは「雪が解けるのを待つ」という意味。
雪の下で長い冬を過ごすにんにくは、土の栄養をたっぷり吸って育ちます。
春になると驚くほどの勢いで成長を始めるのです。