睡眠中に体内で行われていること

美皇潤

体の内側からのケアというと、食事を第一に思い浮かべる人が多いようです。
けれど、実は「食べる」よりも「寝る」ほうが肌をよみがえらせる力をもっています。

そこで、睡眠の重要性をまず説明していきましょう。
たとえば、夜更かしをした翌日、一日中だるかったり、頭痛がしたりするなど、体調が悪くなりがち。

この不調の原因は、夜寝ている間に肌を含む体全体が修復されているからなのです。
修復は血液を通して行われるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中します。

そのため、肌には栄養が行き渡りません。
寝ると、血液は体の各所に流れはじめ、肌にも栄養が行き渡るようになるのです。

さらに、眠りはじめの約3時間のうち、成長ホルモンの分泌が盛んになるといわれています。
この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こっているのです。

肌や内臓の修復にはトータルで、最低でも6時間くらいはかかっているといわれているので、睡眠が6時間をきってしまうと、誰でも肌荒れする可能性が出てくるというわけです。


美皇潤 トライアルセット