ツバメの巣やフカヒレは美容食材として重宝

ツバメの巣

中国では約1500年前、6世紀からツバメの巣が食されていたそうです。
若返りと美容効果があると言われており、宮廷の女性や上流階級の婦人など、ごく限られた人達が美貌と若々しさを保つために好んで食したと伝えられています。

ツバメの巣は、コラーゲンの力を引き上げる最高のパートナーです。
同時に摂取する事で、より高い美肌効果が期待できます。

また、サメのヒレであるフカヒレもその希少性と健康・美容への働きから、古来より高級食材とされてきました。
現代においても、ツバメの巣やフカヒレは美容食材として重宝されています。

ツバメの巣を8週間摂取することにより肌の保湿性の向上が認められました。
また、コラーゲンを同時摂取することにより、さらなる肌の保湿性の向上が認められ、ツバメの巣とコラーゲンの間に相互作用があることが分かりました。


美皇潤 トライアルセット